水着の時に気になって

私がムダ毛を脱毛したいと思ったのは小学生の時です。
体の成長が割と早かった私は、小学校5年の時に下の毛が生え始めました。
毛深い体質だったためかあっという間にフサフサになっていまいました。

嫌だなと思ってはいたものの実生活で特に問題は起きなかったため何事もなく過ぎていったのですが、
プールの授業の際、毛が1本水着から出ていることに気づき、頭が真っ白になってしまいました。

その時は隠れて手で抜き事なきを得たのですが、毛なんかなくなればいいのに!と強く思うようになりました。

だからと言って何ができるわけでもなく大学生になった頃、
さらに毛深くなった私の下の毛は恥ずかしい事に太ももにまで進出していました。
ある夏、どうしても海に入りたくてカミソリで剃ってみたのですが、トラブルが発生しました。

まずうまく根元から剃れないし、また生えてくる時にかゆみが出てしまいとても悲しかったです。
このトラブルがきっかけで、医療レーザー脱毛をしたいと思うようになりました。xn--tckueu63hd9ets7a8i0aiua.xyz

ムダ毛についての男子の話が怖すぎて

共学の高校に通っていたのですが、共学だからこそある男女のムダ毛に対する考えの差を知り、恐怖を感じてしまいました。
夏場に体育の授業があったのですが、何せ冷房もなく暑いので、女子のほとんどが半袖を更にまくって体育をしていました。ノースリーブよりも少し袖のある状態ですね。その時は男子の反応は何もなかったのですが、放課後他のクラスに遊びに行った時に男子が話しているのを聞いてしまったのです。
「袖まくるくらいなら、腕の毛ちゃんと処理してからにしてほしいよね」と話しており、周りの男子全員が納得していたのです。腕の毛なんて近くで見なければ見えないので体育の時くらい大丈夫だと思っていたので、そこまで見えているのかと衝撃を受けましたね。その後も、「ムダ毛の処理ができてない女子は不潔」など批判の発言ばかりだったので、そこまでムダ毛の処理は大切なのか時くらい驚きました。それからは腕はもちろん、足や脇など見える部分の処理を徹底しています。脱毛ラボの口コミを見ると料金だけがメリットだと思います

女性なのに眉間に毛が生える

私が中学の頃細眉というのが流行っていました。でも私はもともと眉毛も太く、少しでも放っておくと眉毛が繋がってしまいます。女性なのに眉間にも毛が生えるのです。中学時代はうっすらとした産毛のような感じだったので、たまに剃刀で処理するくらいのものでした。

それが高校になりまだまだ細眉ブームが続いていて、私も抜いて剃ってと眉毛全体の手入れをしていました。手入れをしすぎたのか、気にしていた眉間の毛は濃くなり、毛が太くなってきていました。ちょっとでも気を抜くと、ポツポツと眉間に毛がでてくるのです。

毎日忘れずに処理していたのですが、当時の彼氏に「○○って眉毛繋がるの?」と言われてしまいました。毛穴が目立って剃り跡のようになってしまっていたからです。心の中は「ヤバイ・・・女として最悪」そんな感じでした。そこからは絶対に眉間がでないよう、なんとか前髪流し隠して過ごしていました。

この時は本当に眉間の脱毛がしたいそう思いました。今もその気持ちは変わりません。脱毛できるのならばしたい気持ちです。http://xn--j-phusbz669a1sglm7ally.com/

夏になると脱毛を考えます

夏になるとプールや海に行き肌の露出が格段に上がります。また、ノースリーブの服も流行し、脇が人の目に触れる機会が多くなります。腕や足はカミソリやシェーバーでの自己処理でも目立たず、こまめに行っていればムダ毛の存在感も気付かず問題ないのですが、脇毛だけは毛も太く目立ちやすく、また処理しずらいのもありカミソリなどでの自己処理を行ってもどうしても剃った跡が見た目でわかってしまいます。よる剃っても翌日朝には毛穴から毛が少し生えてきているのが目立ってしまうため、当日朝に時間のない中で処理をして出掛けることの手間が脱毛を考える瞬間でした。また、カミソリやシェーバーを当て続けることは肌への負担が大きいという話もよく耳にしますし、ずっと自己処理を続けていくことを考えると怖いことだなとも考えます。人から見られた時のこと、そしてそのための処理の面倒さ、また、自身の肌のことを将来まで考えた時脱毛の必要性を考えます。http://xn--eckrt0pna2d5898ab7bou5e.com/

ストッキングから覗くムダ毛

もともと足のムダ毛が濃く、処理が大変だと感じていました。
就職してすぐのころは週末と水曜日にひざとひざ下のムダ毛の処理を行っていたのですが、水曜日の帰宅が深夜になった日、うっかり処理を忘れ出勤。ストッキングの隙間から、黒い点々が見えたときに自分が気にしているから気付いただけなのか周りのみんなにも見えているのかがすごく気になりました。小学生の男の子の水泳キャップから髪の毛がチョンチョンと出ている。まさにその状態でした。
当時職場には怖いお局様がいて、年の近い先輩からは「2年目まではブラウスとベージュのストッキングのほうがいいよ。カットソーとか黒のストッキングとか使うと『最近の新人さんはオシャレでいいわね、私が若かった頃は・・・』とか嫌味言われるから」とアドバイスをもらっていたので、隠すための黒ストッキングも使えず、慌ててパンツスーツを新調しました。根本的な解決ではなかったので脱毛したらどんなに楽だろうと思いながら地道に処理を繰り返していました。気にしていた勧誘ですが、まったくありませんでした

主婦のパート探し、前途多難!

最近、子供が少し大きくなってきたので自分の時間が取れるようになりました。今までは専業主婦だったのですが、ちょっとパートでも始めてみようかな、と思い始めました。
そろそろ周りの専業主婦だった友達も働き始めているんです。就職活動を少し始めてみて実感しているのは、仕事がなかなか決まらないこと!結婚してから出産して、その間ずっと働いていなかったので、ブランクが10年以上あります。年齢も年齢だから、履歴書送っても最近流行りの「サイレントお祈り」状態。
サイレントお祈り、って知ってますか?通常、不採用だった場合には「これからのご活躍をお祈りしています」って、書面かメールで返事が来ますよね。ですが、サイレントお祈りの場合は何の連絡もなしに不採用で、静かにお祈りされているだけの状態、っていうことらしいです。なかなかおもしろい言葉ですが、実際連絡なしで不採用って、すごく落ち込むものがあります。せめて連絡してよ、って思います。
今、何社か返事待ちなんですけど、またサイレントに祈られちゃいそうな予感がしています…負けないで頑張っていこう!